オシャボ厳選推進委員会

オシャボ厳選についてより多くの方に知っていただくためのブログ

オシャボ厳選史 ~6世代から8世代DLC1弾まで~

はじめに

お久しぶりです。1ヶ月ほど前に色違いのムラっけオニゴーリinコンペボールを入手することができましたので、この機会にこれまでのオシャボ厳選を総括することにしました。

f:id:Onigohri_362:20200808125456j:plain

通常特性の♂個体をコンペボールで捕獲!

f:id:Onigohri_362:20200808125608j:plain

夢特性の♀個体と掛け合わせて、コンペボール夢特性個体(しかも色違い)を確保!

f:id:Onigohri_362:20200808125729j:plain

♀個体でしたが、オニゴーリに進化させました。

f:id:Onigohri_362:20200808125802j:plain

コンペボールのエフェクトは、最初に緑色の球体が出ます。

f:id:Onigohri_362:20200808125847j:plain

最終的にネットボールと似た感じのネットが広がります。

オシャボ厳選振り返り

オシャボ厳選の可能性は、遺伝の仕様変更とボール本体の入手手段が確保されていくことで、広がっていきました。以下、6世代に遡って振り返っていきます。

6世代:オシャボ厳選の始まり

5世代以前では、育て屋に預けた場合、親個体のボールが何であれ生まれてくる個体はモンスターボール固定でした。

6世代(XY・ORAS)は、初めてモンスターボール以外のボールが遺伝するようになった世代です。育て屋(現:預け屋)に預けた親個体の内、♀個体のボールが生まれてくる個体に遺伝していました。当ブログも、オシャボ厳選黎明期といえるこの頃に開設して今に至ります。

onigohri362.hatenablog.com

また、遺伝の仕様と同時にボールエフェクトも実装されました*1。当時はフレンドリィショップで購入できる13種類のボール+ドリームボール・サファリボール・マスターボール・プレシャスボールに固有のエフェクトが設定されていて、ガンテツボールやコンペボールは共通のエフェクトでした。

onigohri362.hatenablog.com

onigohri362.hatenablog.com

XYでは、夢特性の個体を入手できる画期的な施設:フレンドサファリが存在しました。フレンドサファリ夢特性の♀個体(例えば、変幻自在ゲコガシラ疾風の翼ヒノヤコマ力持ちホルードなど)を特定のボールで捕獲して孵化厳選するという、新しい厳選形式に興奮したのを今でも覚えています!また5体同時に出現してたまに夢特性が混じっていることもある群れバトルも新鮮に感じていました。

その後、ORASでは図鑑ナビのサーチモードが実装されました。特筆すべき個体としては、マボロシに出現するポリゴンが挙げられます。現時点でも、数少ない野生産ポリゴンを入手する機会です(BWにおけるハイリンクの森を除く)。図鑑サーチの連鎖が続けば、色違いや夢特性に出会うことができますマボロシ山でダイブボール入りの夢ポリゴンをここで捕まえて7世代以降でボール遺伝・色厳選を行う方は多いのではないでしょうか。

7世代:オシャボ厳選の発展

7世代では、オシャボ厳選を取り巻く環境は大きく変わりました。具体的には、以下の通りです。

ボール遺伝の仕様変更

ボール遺伝の仕様が現行のものとなりました。それまでは♀個体のみのボールが遺伝するしようでしたが、次のように大きく変わりました。

  • 夢特性の♀個体×通常特性の♂個体
    ⇒両親のボール・特性がランダムで遺伝

    f:id:Onigohri_362:20200807204103p:plain

    通常特性:すながくれ、夢特性:さめはだ
  • 性別不明×メタモンの組み合わせで預けた場合
    ⇒性別不明ポケモンのボール・特性がランダムで遺伝

    f:id:Onigohri_362:20200807224919p:plain

    通常特性:じりょく or がんじょう、夢特性:アナライズ
ガンテツボール本体の入手・ウルトラボール実装

上記の遺伝仕様変更に加えて、7世代ではボール本体の入手機会に恵まれました。具体的には、ガンテツボールウルトラボールです。前者はHGSSのボール職人:ガンテツ師匠から取得できたもので、後者は7世代で新規に追加されたウルトラビーストが捕まえやすいボールです。

ボールエフェクトの追加・変更

遺伝の仕様変更、ボール本体の入手手段の増加に加えて、ボールエフェクトの変更・追加も7世代のオシャボ厳選を語る上で欠かせないポイントです。

6世代の頃よりもボールエフェクトが派手になり、またガンテツボールやコンペボールに固有のエフェクトが実装されたことにより交換価値が大きく上昇しました。

onigohri362.hatenablog.com

島スキャンによる御三家の厳選

onigohri362.hatenablog.com

島スキャンとは、3DSのカメラでQRコードを読み込んで下画面のポイントを溜めてできるサーチ機能です。

詳細は上の記事等をご覧いただけるとありがたいですが、主な用途としてオシャボ厳選用の御三家の親個体の確保が挙げられます。特に、ゲッコウガ(通常特性)をムーンボールで捕獲したプレイヤーは多かったのではないでしょうか。

SM・USUMにおける島スキャンの実装により、1~6世代の御三家については夢特性個体を市販のボール・ガンテツボール・ウルトラボールに入れることが可能になりました。

2020年8月現在、1~4世代の御三家についてはドリームボール個体も存在しますし、初代御三家についてはサファリボール・コンペボールに入った夢特性個体の確保も可能です。

7・8世代の御三家を野生で確保する手段は、未だに存在しないため通常特性・夢特性問わずモンスターボール個体のみ存在します。マックスレイドバトルにピックアップされればオシャボ厳選の可能性が出てきます。

7世代では、オシャボ厳選を取り巻く事情が変化したことにより、厳選の可能性が大きく広がりました。特に印象的な個体としては、メタグロスinヘビーボール変幻自在ゲッコウガinムーンボールテクニシャンキノガッサinフレンドボール鮫肌ガブリアスinサファリボールなどが挙げられます。 

8世代

ドリームボール本体の入手

ドリームボールが入手できるようになったことにより、それまではドリームボールに入っていたら改造個体扱いされていたギルガルドミミッキュが合法的に入るようになりました。

ドリームボールについては、ストーリー中でシュートシティのボールガイからも入手可能です。

遺伝技の後付け

マスターボールやプレシャスボールは、孵化厳選によって遺伝させることはできません。そのため、このボールから出てきた個体が遺伝技を覚えていたら改造個体とされていました。例えば、マスターボールに入ったルカリオバレットパンチを撃ってきた場合(通称「マスボバレパンルカリオ」)やプレシャスボールに入った配布色ミミッキュ*2呪いを撃ってきた場合などが挙げられます。

f:id:Onigohri_362:20200808000004p:plain

通称「マスボバレパンルカリオ

8世代で遺伝技の後付けが可能になった結果、上記個体は正規個体として日の目を見ることになりました。詳細はボールエフェクトと併せてこちらからご覧ください。

onigohri362.hatenablog.com

コンペボール・サファリボール本体の入手 

DLC1弾「鎧の孤島」実装に伴い、ヨロイ島では、それまで剣盾には出現しなかったポケモンが入手できるようになり、またウッウロボからサファリボールコンペボールを新たに入手できるようになりました*3www.pokemon.co.jp

DLC解禁前は、サファリボールに入った個体はサファリゾーンノモセ大湿原で捕獲できるポケモンに限定されていました。同様に、コンペボールに入ったポケモン虫取り大会で捕獲できるポケモンのみでした。7世代でも遺伝の仕様変更により一部個体に関しては夢特性も入手できましたが、親個体となる種類が絶対的に少数でした

DLC解禁後は、(ヨロイ島を含む)ガラル地方に出現するポケモンに対してサファリボール・コンペボールを投げられるようになり、オシャボ厳選の幅が一気に広がりました。

入手パターンとしては、次に挙げる2点が挙げられます。

  • マックスレイドバトルや7世代ROMからの輸送で夢特性個体を捕獲
  • 通常特性の♂個体を捕獲して、夢特性の♀個体と掛け合わせる

ウッウロボからサファリボール・コンペボールを入手できる確率は極めて低いですが、1個でも入手できれば捕獲→孵化厳選→量産することで交換の可能性が大きく広がると思います。

私自身、ウッウロボから入手はまだできておりませんでしたが、ランクマッチで使えない色ゼラオラとコンペボールを交換していただくことで、最終的にムラっけオニゴーリ in コンペボールにまで辿り着くことができました。交換して下さった方にはこの場で改めてお礼申し上げます。

終わりに

ここまで各世代ごとのオシャボ厳選環境の変化に触れてきました。世代を追うごとにつれて、厳選の仕様が変わったりやボールの入手先が増えるなどオシャボ厳選の可能性は広がり続けていると言えます。

かつては改造個体として糾弾された個体が、時を経て正規仕様で実現できるのは長くプレイしてきた身としては感慨深いものがあります。

今後、新しい仕様や厳選可能性が出てきた折には都度ブログ記事にしていけたらと思います。

2020年8月時点でなお改造個体とされている個体の例として、モンスターボール以外ボールに入った7世代・8世代御三家や、ガンテツボールに入ったポリゴン系統などが挙げられます。他にもいると思いますが、マックスレイドバトルなどで解禁されることを願いましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。質問・感想・意見等がございましたら、twitter @Onigohri_362 までよろしくお願いします。

 

※私はムラっけオニゴーリが好きなこともあり、入れることができるボールはコンプリートしたいと思っております。サファリボール個体は未だに入手できておりませんので、サファリボール本体ないしはムラっけユキワラシ in サファリボール個体を提供して下さる方がいらっしゃいましたら、一声かけていただければ幸いです。

対価として何らかのサファリボール・コンペボール個体は用意させていただきます。

f:id:Onigohri_362:20200808130011j:plain

f:id:Onigohri_362:20200808130113j:plain

 

*1:ポケモンを繰り出した際に発生する、ボール自体に設定されているエフェクト。DPtに存在したボールカプセルはシールなので別物と捉えています。

*2:https://www.pokemon.co.jp/sp/ghost_party_2017/game/?sp=contents

*3:※エキスパンションパスを購入していなくても、DLCで新たに解禁される個体はソフトを最新版に更新さえできれば入手可能です

www.pokemon.co.jp